アイリックコーポレーションの保険についてのリリース/生命保険エコシステム リリース第1弾「生命保険給付金支払いプラットフォーム」始動

生命保険エコシステムプラットフォームのイメージ

アイリックコーポレーションの保険についてのリリース/生命保険エコシステム リリース第1弾「生命保険給付金支払いプラットフォーム」始動

チューリッヒ生命保険株式会社が支払査定の一部をデジタル化し顧客サービス向上と査定業務の自動化・事務効率向上を実現

株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区、代表取締役:勝本竜二、証券コード:7325、以下「当社」)と、株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚辰男、以下「アシスト」)、株式会社Ubicomホールディングス(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青木正之、証券コード:3937、以下「ユビコム」)がメディケア生命、チューリッヒ生命2社の支援のもと共同開発した「生命保険給付金支払いプラットフォーム」の提供を開始。2021年11月17日(水)よりチューリッヒ生命が業務利用開始しました。
 チューリッヒ生命のWeb請求システム・スマートフォンからの書類アップロードサービスと本取り組みを組み合わせると、保険金を請求されるお客様にとって、お手続きの負荷を削減し、保険金受給までの日数の短縮が可能となり、保険会社にとっても事務負荷の大幅な軽減を実現できるようになります。
 

生命保険エコシステムプラットフォームのイメージ生命保険エコシステムプラットフォームのイメージ

【構想の背景】
 生命保険会社が2020年度の1年間で支払った入院給付金は、約715万件、7,021億円※でした。請求されたお客様は1日でも早く給付金をお受け取りになりたい、生命保険会社は1日でも早くお客様にお支払いしたいという双方のニーズは以前よりありました。現状、お客様が請求書類を取り寄せ、届いたものを必要書類とともに返送し、保険会社に到着後5営業日以内のお支払いが一般的です。これだと、書類のやりとりだけで数日を要し、さらに保険会社は必要書類が到着してから内容チェックを行うため、保険加入者が保険会社に請求連絡をしてから給付金等のお受け取りまで約2週間以上の時間を要していました。お客様本位の業務運営に基づく給付金支払の期間短縮を目的とし、そのための保険会社側の事務効率化、AIによる学習効果、開発コストの削減という生命保険会社からのニーズをとらえ、構想にいたりました。
※一般社団法人生命保険協会 2020年度 生命保険事業概況 年度統計より

【プラットフォーム概要】
・給付金支払判定に必要な「診療明細書」「領収証」「調剤明細書」をお客様にスマートフォンでアップロード頂きAI-OCRにてテキスト化
・発行医療機関毎に「診療明細書」や「調剤明細書」上の記載にゆらぎがある診療行為(ex.手術・処置・放射線等)や薬剤名称(ex.抗がん剤等)を統一名称に補正しコード化
・上記データをデータ連携ツールで後続システムに取り込んだ後、支払査定用ルールエンジンを活用することにより査定の一部自動化を実現
 これにより保険会社支払査定担当者の査定にかかる事務負荷を大幅に削減する標準化・事務効率化ソリューションとなります。

【エコシステム概要】
「スマートOCR診療明細書」を開発・提供する当社、医療機関への支援において、18,000件以上の実績に裏打ちされた独自の医療ナレッジ・医療データベース「保険ナレッジプラットフォーム」を開発・提供するユビコム、医療・保険業界で豊富な導入実績を持つ 「Progress Corticon」、データ連携ツール「DataSpider Servista」をはじめ給付金支払業務に役立つ様々な連携可能ソリューションを取り扱うソフトウェアコンサルティングのアシストの3社は、給付金支払業務を担う保険会社向けプラットフォームの更なるサービス拡充・連携開発を進めます。
今後は順次、本エコシステム参画希望の生命保険会社やサポート企業の拡大を予定しております。

【AI(人工知能)ディープラーニングを用いた「スマートOCR」の特長】
・帳票の位置定義が不要で、フォーマットが定まっていない非定型文の読み取りが可能。
・スマートフォン等で撮影された画像も、台形・歪み・たわみを自動補正し、文字認識が可能。
・網掛け文字・反転文字・塗りつぶし文字の読み取りが可能。
詳しくはこちらhttps://www.smartocr.jp/

【オンラインセミナーの実施】
本セミナーでは、生保エコシステム概要から、給付金支払を変革するソリューション(スマート OCR 診療明細書,保険ナレッジプラットフォーム)をご案内いたします。 保険会社の保険金・給付金支払部門の方、ITの戦略構築・企画に携わる方、AI-OCR の戦略的活用を知りたい方にお勧めです。

名称 「生命保険給付金支払いプラットフォーム」
~実運用スタートアイリックのOCRの概要と今後の展望について~
日時 2021年12月3日(金) 16時00分~16時45分
形式 Zoomを用いたオンラインセミナー
対象 保険会社の給付金支払部門の方、ITの戦略構築・企画に携わる方、
AI-OCRの戦略的活用を知りたい方
費用 無料
申込方法 こちらよりお申込みください
https://go.irrc.co.jp/seminar/202112

 

【用語解説】
・OCR(Optical Character Recognition)
光学式文字読み取り装置。印刷物などの文字を、光を当てることで読み取り、テキストデータに変換する仕組み。
これまで人間が手作業で行ってきた仕事を、機械やソフトウェアなどに代行してもらうことにより、業務の大部分における自動化や効率化を図る取り組み。

【会社概要】
■株式会社アイリックコーポレーション(https://www.irrc.co.jp/
(東京証券取引所 マザーズ市場:証券コード 7325)
本社所在地:東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル4階
設立 :1995年7月
代表者 :代表取締役社長CEO 勝本竜二
資本金 :13億1,915万円
事業内容 :個人及び法人向けの保険販売を行っている保険販売事業
保険代理店やその他の保険販売会社に対して保険に関するソリューションを提供するソリューション事業
システム開発等を行っているシステム事業
サービスサイト:インシュアテックソリューション https://hs.irrc.co.jp/
日本初*の保険ショップ『保険クリニック』 https://www.hoken-clinic.com/ 
スマートOCR(非定型AI-OCR) https://www.smartocr.jp/
*「日本初の来店型乗合保険ショップチェーン※」
※店舗数11店舗以上または年商10億円以上をチェーン店と定義
東京商工リサーチ調べ(2018年6月)