ジェイアイ傷害火災保険の保険についてのリリース/業界初!*¹火災保険のご契約が即時Web完結となる新機能をリリース

ジェイアイ傷害火災保険の保険についてのリリース/業界初!*¹火災保険のご契約が即時Web完結となる新機能をリリース

ダイレクト火災保険 iehoはAPIで取得した登記情報により確認資料の提出・有人審査が不要に

ジェイアイ傷害火災保険株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:金子和彦)はDXによるCX推進の一環として、株式会社JON(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中川元)が提供する登記取得APIをはじめとする複数のAPIの組み合わせにより、インターネット専用補償選択型ダイレクト火災保険ieho(以下、ダイレクト火災保険ieho)の登記済み建物を補償対象とするご契約について、お客様からの確認資料のご提出を不要とし、取得した登記情報をシステム内で自動審査することにより、お客様をお待たせすることなく即時で契約が成立する新機能を2021年9月29日(水)にリリースいたしました。
【新機能のサービスイメージ】 

■背景・課題
弊社のダイレクト火災保険ieho は申込内容の入力や確認資料のアップロードなど火災保険の申込を全てWeb完結で行える業界初*¹の商品として2018年にリリースいたしました。
しかし、ネットでいつでも簡単にお申込みいただけるようになっても「確認資料を揃えアップロードすることの手間」や「入力する建物情報がどの確認資料に記載されているか見つけること」そのものが難しく、サイトの操作に平均30分もの時間がかかってしまっていました。
それに加え、お客様からのお申込みとアップロードいただいた多種多様な確認資料に対して、その内容確認と不備是正を含めた弊社側の有人による引受審査に平均で約2営業日のお時間がかかってしまっており、「すぐに、もっと簡単便利に、火災保険に加入したい」というお客様のご要望にお応えできていませんでした。

■新機能の概要
今般の新機能では、株式会社JONのAPIへ接続しお客様が操作するサイトから登記情報をリアルタイムで取得*²、取得した登記情報から火災保険の引受審査に必要となる建物情報(構造・面積・所在地・所有者等)を抽出し、お客様の入力情報と差異がないかダイレクト火災保険iehoのシステム内で自動審査をいたします。
これにより火災保険の申込みで必要とされていたお客様による確認資料等をいただくことなく引受審査を自動化、申込開始から契約成立まで一気通貫で即時Web完結することを実現しました。
新機能では、これまで申込開始から申込完了(契約成立)までにかかっていた所要時間を2営業日から約15分*²へ大幅に短縮し、「火災保険の申込みは面倒」というお客様へ新たなCX(お客様体験)を提供することを可能としました。

■持ち家専用補償選択型ダイレクト火災保険「iehoいえほ」の概要
ダイレクト火災保険iehoでは、お客様のあらゆる場面を想定して、常に便利を感じていただくため、インターネットでできることを徹底的に追求しています。
また、築年数による事故のリスクにあわせた保険料率*³を設定(建物のみ)しており、新築・築浅ほど保険料が安くお申込みいただけ、必要な補償だけ選択できるためお支払いいただく保険料に無駄もありません。
ダイレクト火災保険「iehoいえほ」ホームページ
https://www.jihoken.co.jp/kasai/ih/

■会社概要
社名:ジェイアイ傷害火災保険株式会社
所在地:東京都中央区晴海1-8-10
設立:1989年7月20日
資本金:50億円
代表者:代表取締役社長 金子 和彦

*¹:ジェイアイ傷害火災調べ 
*²:登記情報提供サービスの利用可能時間平日08:30~21:00の間に限る、弊社モニタリングテストにおける平均値 
*³:保険料率とは保険金額に対する保険料の割合のことで、保険料率が低いほど保険料も低くなります