メットライフ生命の保険についてのリリース/メットライフ生命、長崎大学経済学部、「外資系生命保険会社の保険実務」講座を開講

保険・金融ニュース

メットライフ生命の保険についてのリリース/メットライフ生命、長崎大学経済学部、「外資系生命保険会社の保険実務」講座を開講

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 ディルク・オステイン)と国立大学法人長崎大学経済学部(学部長 深浦厚之)は、9月29日から11月24日の期間に「外資系生命保険会社の保険実務」講座を開講します。
本講座は、長崎本社を設置して2周年を迎えたメットライフ生命が「豊かな地域社会の創造に寄与する」というサステナビリティ方針の一環として、長崎大学経済学部と協働で次世代を担う人財の育成に取り組むものです。

講座内容は、保険ビジネスの取り組みや業務の紹介、グループワークなどを交えながら、急激に変化しつつある現代の保険の役割と保険業界のイノベーションについて学び、グローバルな視点で実践的なビジネスを学ぶ機会を提供するものです。講座はオンラインで実施され、メットライフ生命の東京本社と長崎本社の社員が講師となり、ディスカッションやワークショップを取り入れた双方向コミュニケーションによる理解の促進と考える機会を提供します。

メットライフ生命は、長崎市とは2020年12月に、長崎県とは2021年3月に、健康で豊かな地域社会の実現を目指した地域包括連携協定を締結しており、今後も様々な取り組みを計画しています。

以上
 

【メットライフ生命の長崎でのこれまでの取り組み】
2002年に長崎へ中核業務の移転を開始し、2006年のメットライフ生命長崎ビルの建設をはじめとして、数々の投資を行い、2019年7月1日に拠点名称を「長崎本社」へと変更いたしました。長崎ビルの優れた職場環境は高く評価され、これまでに数々の賞(※)を受賞しています。

※長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認証制度(Nぴか) 5つ星認証
(2018年8月1日初回認証/2021年8月1日付更新)
第4回ながさき女性活躍推進企業等表彰 大賞受賞(平成30年度)
平成30年度 長崎市男女イキイキ企業表彰受賞

 

国立大学法人長崎大学経済学部について
長崎大学経済学部は、「グローバルな視野を持って現代の経済・経営の諸問題を解決できる実践的エコノミストの養成」を教育理念として、グローバル化が進む現代経済社会の諸問題を解決し、社会の調和的発展に貢献する能力を持つ人材の育成を教育目標としています。
http://www.econ.nagasaki-u.ac.jp/

メットライフ生命について
メットライフ生命は日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、現在は世界有数の生命保険グループ会社、米国メットライフの日本法人として お客さまに常に寄り添い、最適な保障を選ぶお手伝いをしています。多様な販売チャネルを通じて、個人・法人のお客さまに対し幅広いリスクに対応できる、 革新的な商品の提供に努めています。https://www.metlife.co.jp/