Mobility Technologiesの保険についてのリリース/あいおいニッセイ同和損保の事故対応サービスとNo.1※タクシーアプリ『GO』が連携 事故後の通院や日常移動に『GO』を活用する実証実験を開始

Mobility Technologiesの保険についてのリリース/あいおいニッセイ同和損保の事故対応サービスとNo.1※タクシーアプリ『GO』が連携 事故後の通院や日常移動に『GO』を活用する実証実験を開始

MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(代表取締役社長:金杉 恭三、以下 あいおいニッセイ同和損保)と、No.1※タクシーアプリ『GO』を運営する株式会社Mobility Technologies (代表取締役社長:中島 宏、以下 MoT)は、事故発生後の通院等の移動に『GO』を活用する実証実験を10月より開始します。

1.背景
昨今ITを活用し、「人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ため、オンライン予約やキャッシュレス決済等を活用したDXが様々な業界で加速しています。モビリティ・保険業界でも同様であり、あいおいニッセイ同和損保とMoTは2021年6月に業務提携契約を締結し、タクシー等のモビリティDXを起点とし、お客様にとって利便性の高い新たなサービスの開発・提供の検討を進めてきました。
この度、両社は『GO』を活用した事故対応時のサービス提供の実証実験を実施し、万一、不慮の事故で負傷された際等にも安心・便利な日常移動を担保できるスキームの実現に向けた取組を開始します。
 ※ App Annie調べ|タクシー配車関連アプリにおける日本国内ダウンロード数(iOS/ Google Play 合算値) 調査期間:2020年10月1日〜2021年9月30日

2. 実証実験
(1)概要
万一、不慮の事故で負傷され、ご自身での運転が困難になったお客様等に対し、より便利に移動いただくための選択肢として『GO』を提供します。今回の実証実験では、通院や日常移動等の際に『GO』で使えるクーポンをアプリ内から直接配付することで、お客様は容易かつ料金を立て替える必要なく移動が可能となります。
(2)期間・場所
・2021年10月中旬~12月末(予定)
・東京都内
(3)目指す効果
事故による負傷で車の運転ができない場合等では、その後の通院や日常移動のために、ご家族による送迎やその他交通手段の利用が必要となります。その中で、タクシーを利用する場合には、ご自身での電話予約や費用の立て替え、領収書を保険会社に送付する等の手間が発生しています。
本実証実験により、タクシー手配が簡便化することはもちろん、お客様ご自身での立て替え・領収書送付が省略されることから、お客様にとって利便性の高いサービスの提供が可能となります。またバックオフィス業務として発生していた、タクシー請求書管理が電子化されペーパーレスになることにより、業務効率化等のDXも実現します。

3.今後の展開
実証実験終了後、スキームの検証を行い2022年度には主要都市を中心としたその他地域へ展開することで、より多くのお客様へ利便性の高い当社サービスの提供を目指します。
両社は今後も両社のノウハウや豊富なデータを活用し、CSV発想による保険商品・サービス開発に取り組んでいきます。共にモビリティDXを推進することで、カーボンニュートラルの実現やスマートシティを見据えた安全・安心でサステナブルな街づくり等、幅広い領域への貢献を目指していきます。
 ※ Creating Shared Value(社会との共通価値の創造)

|参考:安全・安心なモビリティ社会・街づくりの実現に貢献 あいおいニッセイ同和損保について

あいおいニッセイ同和損保は, 明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする「特色ある個性豊かな会社」を目指し、国内外で損害保険事業を営んでいます。また、テレマティクス自動車保険のパイオニアとして、運転挙動のデータや事故時の映像データ等を活用した安全運転の促進に取り組んでいます。テレマティクス技術で培ったノウハウを将来の自動運転社会を見据えたデータビジネスへ活かす等、安全・安心なモビリティ社会の実現に貢献することを目指しています。

|参考:移動で人を幸せに。 株式会社Mobility Technologiesについて

Mobility Technologiesは「移動で人を幸せに。」をミッションに、日本のモビリティ産業をアップデートする様々なITサービスの提供を行っています。
 

※記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。(出願中含む)